アルカナの墓標

生存報告

大審問官

大審問官を読み直した

私は宗教家にはなれないと思った

他人の罪まで引き受けられるほど強くない

 

「そんなに本を読んで何になるの」

「わからないから読んでいるのです」

 

人工知能は司祭にはなり得ても神にはなれない

 

鬱病でも何でもなく

ノーマルな状態で自殺したいと思ってもいいだろ

私の死にたさは生きづらさは治らない

病気じゃない

どうして認めてくれないの

 

死が唯一とまでは言わなくとも

現実的に取りうる範囲で最も最適な救済の人だっているだろ

 

通勤電車の中で悲しみの発作が起こった

メガネとマスクの中でぐちゃぐちゃに泣いた

隣の席のお姉さんは全く気づかずツムツムをしていた

所詮そんなものだ

 

弟の名刺

弟の名刺を作ってやった

ソフトはラベル屋さんだし、デザインは「ノンデザイナーズ・デザインブック」の受け売りだ

それでも我ながら少し上出来で機嫌が良い

所詮は単純な人間

 

弟は母に似てわがままだ

母と私がもめると私の負け

弟と私がもめると私の負け

そして母と弟がもめても何故か私の負け

 

3パターン作った名刺は結局、何度もやり直しを命じられて微妙にダサく落ち着いた

母は私も内心ベストと思っていたパターンを何度も推した

こういう場合、悪いのは私

そういうものだ

スギ

スギより人体に有害な植物があるからといって

スギ花粉を放置して良いわけではない

人の都合で植えられたスギが生きるため仕方ないとはいえ

スギは人ではないからだ

そして私も人ではなかった!

 

スギはどれだけ頑張っても需要がない

置かれた場所で咲いたのに

むしろ咲いたからこその迷惑

恥を知りなさい!

お前が花を咲かせようと

生きようと

子孫を残そうとするせいで

どれほど多くの人を不快にさせているか

 

 

 

無題

置かれた場所で咲けた奴だけが生き残って

セーフティセックスのような狂乱がある

 

死にたいと思うときだけ生きている

 

死霊の祝福

人間が強制のみに支えられた生の法則に対し

正真正銘の自由意志で実行できることは

自殺と子どもを産まないこと

 

埴谷雄高「死霊」を5章まで読んだ

私の持っている版ではそこまでしかなかった

どうやらもう少し続きがあるらしいので、また買わなければ

 

学生時代の友人が出産したらしい

出産ってどういうことなのだろう

相当に痛いらしいし

自分一人を地球上に置いておくだけでも大変なのに

他の人の面倒なんて見きれない

 

出産祝いに、別の友人の祝儀に交通費と出費がかさむ

しかし彼ら彼女らは私の代わりに社会に貢献してくれているのであるから

税を納めるように祝福しなければ

他者の幸せを祈る人は幸せたり得ない

まぁしかし、友人が少なくてよかった

 

咳をしても一人

ネトゲしても一人

自殺しても一人

 

スパゲティ・コード

ジムに行った帰り、電車内で就活生が会話していた

曰く「うちのお父さんはA社がつらくて公務員になった」「うちもB社がつらすぎて公務員になった」

A社もB社も地元では名の通った企業だ

そういえば同期の一人も弊社を辞めてこの春から公務員になる

私はここで何をしているのだろう

役に立たず

役に立つようになるでもなく

役に立てる場所へ移るでもなく

役立たずらしく静かに身を引くでもなく

 

女中がいるような家に生まれなかったのだから仕方ない

私の生きづらさ

 

MCTオイルが届いた

3日の朝食からオイルコーヒーと自家製鳥ハムにする

以前、廃棄弁当ばかり食べていた頃は体重72キロだったことを考えると今さらではあるが

やるからには痩せてみよ

人に毒を盛るよりは健

 

プログラミングをしてみたい

ただ一つ問題があって

プログラムにさせたいことが特にない

そもそも生きてしたいことがない 

痩せたかったような気はするけど

生まれてきてすみません

 

将来の夢は何だったっけ

特になかったような気もする

でも少なくともこれじゃなかった

 

ここままでいいのか

よくない

ではどうするか

このままでいる

それでいいのか

 

「まかれた場所で咲きます」と

自分をここにまいた奴に誓えるとしたら

ここを耕さなかった奴に誓えるとしたら

 

 

それなりの食事

シリコンバレー式ダイエットを簡単な形に整理してみた

具体的にはカビ毒など個人で判断できないものを無視し、グラスフェッドバターなど入手が現実的でないものや自炊には手間がかかりすぎるレシピを排除した

だから例の本を参考にしてはいるけど、ほぼ我流ダイエット

 

朝: 鳥ハム、たっぷり生食用オリーブオイルを絡めたブロッコリー、無糖コーヒー

昼: 肉野菜スープ

夜: カボチャの煮付けと焼き魚、ごはん

 

起きたらブロッコリーを茹でる、冷凍のものをチンでもいいけど株で買うと茎を肉野菜スープに放り込めて経済的

朝のうちにカボチャを砂糖醤油みりんで煮て鍋の中で冷ましておくと帰ってきた頃に美味しく染み込んでいる、時間に余裕があるなら肉じゃがなども

タンパク質はチーズでもウインナーでも焼きシャケでも卵焼きでもサラダチキンでも、朝できる範囲で

コーヒーはココアでも可、ミルクを使うなら低脂肪乳でない方が腹持ちが良い

コーヒーに砂糖を入れたい場合、できれば砂糖よりキシリトールやエリスリトールブドウ糖ステビア、生ハチミツが良い(アセルスファム、アステルパーム、アガベシロップ、スクラロースは避ける。これらよりは普通の砂糖の方が良い)

大事なのは朝と昼に炭水化物・糖分を極力摂らないこと

これらを摂ると、食欲が湧いて集中力がどうしようもなくなる

 

肉野菜スープは前日夜に仕込んでおくとラク

玉ねぎ人参トマトピーマンセロリなどウインナーを適当に放り込んでコンソメ塩コショウでもカレーでもお好みで味をつける

ただしジャガイモやカボチャは入れない

スープジャーに詰めて弁当にすると何だか意識高くて格好良いと思う

食べると結構あごが疲れる

 

夜は多少の炭水化物を摂った方が睡眠のためにいいらしい

あと炊きたてご飯より冷やご飯のほうがいいらしい

 

朝、昼、夕食のリズムを一定にすること

夕食のタイミングはなるべく早くして朝食との間をあける

朝6時、昼13時半、夜19時までに食べるようにして仕事が遅くなりそうな時はバナナを持って行くなど調節を

 

間食するならカカオ80%以上のチョコレート

果物は糖分が多すぎるのでNG

 

週一でタンパク質を抜き、代わりに夜の炭水化物を多くする日を設ける

 

3日間この食生活で過ごしているが、今のところ体調は悪くないし、そこまで腹も空かないし、特に運動していないのに帯の通り0.5キロ/日ペースで体重が落ちている

この調子で頑張りたい