アルカナの墓標

生存報告

ミル挽きの歌声

鬱病で他人様の世話になるくらいなら死ぬべきだが

生きているなら働いて税金を納めるべきである

ああ死にたい

 

 社内が異動の話で盛り上がっているが全く興味がない

何をどうしたところで結局いつか死ぬのだし

 

閉店するイトーヨーカドー忌野清志郎のデイドリーム・ビリーバーが流れていた

ずっと夢を見て安心してた

でも金がないとどうしようもないのだねぇ

 

「父よ、彼らを赦して下さい。なぜなら、彼らは何をしているのかわからないからです」の煽りティ

 

地震なんかないよ」のお姉さんは元気に生きているのだろうか