アルカナの墓標

生存報告

それなりの食事

シリコンバレー式ダイエットを簡単な形に整理してみた

具体的にはカビ毒など個人で判断できないものを無視し、グラスフェッドバターなど入手が現実的でないものや自炊には手間がかかりすぎるレシピを排除した

だから例の本を参考にしてはいるけど、ほぼ我流ダイエット

 

朝: 鳥ハム、たっぷり生食用オリーブオイルを絡めたブロッコリー、無糖コーヒー

昼: 肉野菜スープ

夜: カボチャの煮付けと焼き魚、ごはん

 

起きたらブロッコリーを茹でる、冷凍のものをチンでもいいけど株で買うと茎を肉野菜スープに放り込めて経済的

朝のうちにカボチャを砂糖醤油みりんで煮て鍋の中で冷ましておくと帰ってきた頃に美味しく染み込んでいる、時間に余裕があるなら肉じゃがなども

タンパク質はチーズでもウインナーでも焼きシャケでも卵焼きでもサラダチキンでも、朝できる範囲で

コーヒーはココアでも可、ミルクを使うなら低脂肪乳でない方が腹持ちが良い

コーヒーに砂糖を入れたい場合、できれば砂糖よりキシリトールやエリスリトールブドウ糖ステビア、生ハチミツが良い(アセルスファム、アステルパーム、アガベシロップ、スクラロースは避ける。これらよりは普通の砂糖の方が良い)

大事なのは朝と昼に炭水化物・糖分を極力摂らないこと

これらを摂ると、食欲が湧いて集中力がどうしようもなくなる

 

肉野菜スープは前日夜に仕込んでおくとラク

玉ねぎ人参トマトピーマンセロリなどウインナーを適当に放り込んでコンソメ塩コショウでもカレーでもお好みで味をつける

ただしジャガイモやカボチャは入れない

スープジャーに詰めて弁当にすると何だか意識高くて格好良いと思う

食べると結構あごが疲れる

 

夜は多少の炭水化物を摂った方が睡眠のためにいいらしい

あと炊きたてご飯より冷やご飯のほうがいいらしい

 

朝、昼、夕食のリズムを一定にすること

夕食のタイミングはなるべく早くして朝食との間をあける

朝6時、昼13時半、夜19時までに食べるようにして仕事が遅くなりそうな時はバナナを持って行くなど調節を

 

間食するならカカオ80%以上のチョコレート

果物は糖分が多すぎるのでNG

 

週一でタンパク質を抜き、代わりに夜の炭水化物を多くする日を設ける

 

3日間この食生活で過ごしているが、今のところ体調は悪くないし、そこまで腹も空かないし、特に運動していないのに帯の通り0.5キロ/日ペースで体重が落ちている

この調子で頑張りたい