アルカナの墓標

生存報告

スパゲティ・コード

ジムに行った帰り、電車内で就活生が会話していた

曰く「うちのお父さんはA社がつらくて公務員になった」「うちもB社がつらすぎて公務員になった」

A社もB社も地元では名の通った企業だ

そういえば同期の一人も弊社を辞めてこの春から公務員になる

私はここで何をしているのだろう

役に立たず

役に立つようになるでもなく

役に立てる場所へ移るでもなく

役立たずらしく静かに身を引くでもなく

 

女中がいるような家に生まれなかったのだから仕方ない

私の生きづらさ

 

MCTオイルが届いた

3日の朝食からオイルコーヒーと自家製鳥ハムにする

以前、廃棄弁当ばかり食べていた頃は体重72キロだったことを考えると今さらではあるが

やるからには痩せてみよ

人に毒を盛るよりは健

 

プログラミングをしてみたい

ただ一つ問題があって

プログラムにさせたいことが特にない

そもそも生きてしたいことがない 

痩せたかったような気はするけど

生まれてきてすみません

 

将来の夢は何だったっけ

特になかったような気もする

でも少なくともこれじゃなかった

 

ここままでいいのか

よくない

ではどうするか

このままでいる

それでいいのか

 

「まかれた場所で咲きます」と

自分をここにまいた奴に誓えるとしたら

ここを耕さなかった奴に誓えるとしたら